秋鹿酒造 奥鹿 生酛 純米無濾過原酒 3年熟成 (火入れ) 辛口を超越した旨味 720ml

価格: ¥2,400 (税込 ¥2,640)
[ポイント還元 26ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (2件)

秋鹿酒造 奥鹿 生酛 純米無濾過原酒 3年熟成

辛口を超越した深い旨味
 
ジックリ造り上げられた、生酛造り 火入れ 無濾過原酒 3年熟成
秋鹿の探求する深い旨味と酸との融合、酒度+7の辛口

幾重にも重なる旨味、落ち着いたボディーに酸が乗り渋い深み
グッと引き締める力強い辛口
男性的な辛口が酸と共に深さを感じさせます
本当の旨さとは、辛口を超越した中にあるのでは・・・お試しください

常温で渋い男酒として、ぬる燗にて更に深く語れる酒、また格別

全量純米造りに掛ける秋鹿酒造の深い境地
生酛造り 3年熟成にして生まれるこの味
ジックリご賞味頂きたいお酒です

農醸一貫 登録商標

生酛(きもと)造り=古式に則った酒造りの伝承技術を忠実に実行する酒母のつくり
酒造りに関わる微生物の知識が解明されておらず
杜氏の経験を重んじた明治時代まで主流をなした技法
自然界から酵母を抽出して増殖させ過程において
「もとすり」という手間のかかる撹拌作業が行われ
現代主流の速醸造り(14日間)に比べ2倍の日数と労力を必要としますが
その間 多くの微生物が関与することによりお酒の味に料理で言う「隠し味」が添えられます


初代蔵元の名を冠する酒

「奥鹿」:秋鹿酒造は1886年創業 初代 奥 鹿之助より命名
この名を付ける限り一歩の妥協も許されないでしょう
事実 アルコール添加酒を一切廃止 純米酒のみを造る蔵として
また蔵元自ら11ヘクタールの山田錦の無農薬栽培に取り組まれ
米作り~酒造りまで、妥協を許さない一貫造りの酒として
酒徒に愛され続けられています。

田中農場産山田錦60%精白 酒度+8 酸度2.4 アミノ酸1.7 7号酵母
アルコール17度 容量720ml

お客様の声

ROU様 投稿日:2014年09月26日
おすすめ度:
4年物ですが想像以上に肉厚感がありコメントに有る「折り重ねられた余韻」がバランスのとれた高いレベルの
旨味を醸し出しています
今後「奥鹿」を年間通しての”自分セレクション”のお気に入りに加えていきます


対応して頂いた代理店さんの
スピーデイで正確な対応にも感謝しています
有難うございました

お店からのコメント

秋鹿をご愛飲いただきありがとうございます
「秋鹿酒造 奥鹿 生もと」→「折り重ねられた余韻がバランスのとれた高いレベルの
旨味を醸し出しています」・・・見事に表現されています。

お気に入りの一本を見つけていただける手助けになり光栄です。

KATANA S 29様 投稿日:2014年08月07日
おすすめ度:
注文してから到着までの流れは澱みなくスムーズ。

奥鹿は私見ながら、口中ではしっかりと存在感を示し、喉越し後すぐに気配を消し去る潔さを携えた日本酒かと存じます。(和の揚げ物にも対応できる数少ない日本酒かと)

奥鹿は数年前にご主人の店舗まで買いに伺ったときに出会った素晴らしいお酒です。

機会があれば次は生を注文してみたいです。
ありがとうございました。

お店からのコメント

生もと造りを寝かすと、こんな素晴らしい酒に成るんだ、見本のようなお酒です、当店でも自信を持ってお勧めしています。

生の方も寝かされています、是非お試しください(現在在庫切れになっていますが、次の発注時には補充しておきます)

貴重な感想を頂きありがとうございます、高間。

秋鹿酒造 奥鹿 生酛 純米無濾過原酒 3年熟成 (火入れ) 辛口を超越した旨味 720ml

価格: ¥2,400 (税込 ¥2,640)
[ポイント還元 26ポイント~]
数量:

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (2件)


関連商品

3代目高間一夫です。

秋の気配を感じる涼風、日本酒も程よく熟成の時を迎えています。ゆっくり、いやしてくれる美酒、皆様に喜んでいただけるお酒をご紹介させていただきます。


嗜好品である以上 私の選んだ酒がすべて受け入れられるわけではないですが人の温もりを感じるお酒を発掘し 皆様にお伝えするのが私の役目です。日本酒の個性と深み 旨いと感じさせてくれる酒 癒される酒。私を信じ車で30分以上かけ来て下さるお客様がほとんどです。

店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 正月休暇

営業時間 9時~19時
土・日・祝日 営業 ご来店大歓迎
定休日は水曜日、第1・2火曜日

お近くにお越しの折はお立ち寄り下さい。

たかま酒店 facebook

ページトップへ